multirhythm

ご紹介, 装幀の仕事(孝四郎)

オオマア・カイアム 『アルス泰西名詞選1 ㇽバイヤット』 1921年

オオマア・カイアム 『アルス泰西名詞選1ㇽバイヤット』(竹友藻風訳)アルス 1921年

DSC_1001 - s

DSC_1003 - s DSC_1002 - s

DSC_1005 - s

 

「背は羽二重の深紅染、平も羽二重の白のつぎ表紙。平に黄・紅2色の草模様。平中央・背は金箔。天金。」(恩地邦郎・編『新装普及版 恩地孝四郎 装本の業』、掲載、邦郎によるコメント、108頁)。

『新装普及版 恩地孝四郎 装本の業』三省堂サイト:https://www.sanseido-publ.co.jp/publ/gen/gen4lit_etc/onchi_sohonwaza/

 

 

ご紹介, 蔵書(孝四郎)

『公園のベンチ』1930年                   『ところはモンタリイ』1931年

『ポール・ホワイトマン主演 映画「キング・オブ・ジャズ」より公園のベンチ』(春陽堂楽譜1)春陽堂、1930年

『「キング・オブ・ジャズ」より「古きメキシコの戀の思ひ出 ところはモンタリイ』(春陽堂楽譜19)春陽堂1931年

DSC_0027 - s

DSC_0023 - s

1930年製作のアメリカ映画。原題《King of Jazz》。監督:ジョン・マレイ・アンダーソン。第3回米国アカデミー賞美術賞。

タイトルのとおり、「キング・オブ・ジャズ」の名に相応しいポール・ホワイトマンとその楽団が主演したレヴュー映画。

孝四郎は玄関から出かけるときにチャップリンの真似をして家族を喜ばせたりなど、映画にも関心を寄せていた。

 

ご紹介, 蔵書(孝四郎)

『相馬御風随筆全集 懐かしき人々』1936年 

相馬御風『相馬御風随筆全集 懐かしき人々』1936年 厚生閣

DSC_0060 - s

DSC_0061 - s

購入の形跡はないので、本人、あるいは装幀を手掛けた作家などから贈られたものかもしれない。

相馬御風(1883-1950)は、邦郎妻展子の母小田きたが師事していた縁もあり、小田末吉、きたの仲人であった。

結婚当時は、青踏社華やかなりし頃、神近市子らとも知人関係にあったきたを、結婚式でいわゆる「新しい女」と揶揄するような男性もいたが、相馬御風が「新婦はそんな女性ではありません!」と喝破したという(展子伝)。

ご紹介, 所蔵(邦郎)

彫塑 (クニヲ)

DSC_0824 - ss

DSC_0825 - ss

邦郎が使っていた書斎に無造作に置かれていたもの。

いささか読みにくいが、数字が刻まれており、「1923 八月 クニヲ」あるいは、「1928 八月 クニヲ」と見える

1923であれば、孝四郎の作、1928であれば、邦郎の作であろう。いずれにしても文字部分は孝四郎が刻んだと思われる。

貴重な資料を後生大事にしまい込んだりするのではなく、孝四郎が生きていた時代のように自然に、という考えから、アトリエのなかの作品や書籍も配置していた邦郎のことである。校長などという職を務めながらもシャイなところがあったので、孝四郎の愛情が伺われるものを、なおさら大切そうに扱わなかったのかもしれない。

もっとも晩年は孝四郎の作品継承のことはかり念頭にあり、自分の作品の管理などに専念する余裕もなく、案外、自分でも忘れてしまったのかもしれない。それも邦郎らしいところである。

 

 

 

ご紹介, 装幀の仕事(邦郎)

ウォルター・ロード 『大西洋の悲劇 タイタニック号の謎』1956年

ウォルター・ロード 『大西洋の悲劇 タイタニック号の謎』(佐藤亮一訳)、大日本雄弁会講談社、1956年

DSC_0005 - s

DSC08098 - s

大衆向けの仕事がその本意ではなかった邦郎、
映画の大ヒットによって、「タイタニック」の名前があれほどまでに知られるようになるとは夢にも思っていなかったであろう。

 

 

ご紹介, 装幀の仕事(孝四郎)

前田夕暮 『烟れる田園』1926年

前田夕暮 『烟れる田園』 アルス、1926年

DSC_0389 -s

DSC_0390 - s

DSC_0392 - s

「雲形強圧髪に白と黒緑でたんぽぽ、背文字は金箔押し。カバーは乳茶色の同質紙に
焦茶と鼠で凸版刷り。」(恩地邦郎・編『新装普及版 恩地孝四郎 装本の業』、掲載、邦郎によるコメント、115頁)。

DSC_0388 - s

蔵書印あり。

 

 

 

ご紹介, 装幀の仕事(孝四郎)

山村暮鳥 『梢の巣にて』 1921年

山村暮鳥 『梢の巣にて』 叢文閣 1921年

DSC_1287 s

DSC_1289 s

「白地に藍と赤で素描。文字は金箔押し」(恩地邦郎・編『新装普及版 恩地孝四郎
装本の業』、掲載、邦郎によるコメント、108頁)。

DSC_1344 s

原稿あり。

 

 

ご紹介, 蔵書(孝四郎)

Max Klinger, Malerei und Zeichnung. Mit einer Federzeichnung Klingers.  1885

Max Klinger, Malerei und Zeichnung. Mit einer Federzeichnung Klingers. -
Insel-Bücherei Nr. 263, Insel-Verlag, Leipzig  1885

DSC_1302 - s
ドイツの画家、版画家、彫刻家として知られるマックス・クリンガー(1857―1920)の
著述家としての側面を示す書。

 

蔵書印あり。

DSC_1374 s

この「インゼル文庫」を始め、ドイツの小さいサイズ、ハードカバーの本はいずれも
装幀に工夫があり、蔵書印もそれぞれのデザインに合わせた押し方がされている。

 

 

ご紹介, 蔵書(孝四郎)

『マリイ・ロオランサン詩畫集』1936年

『マリイ・ロオランサン詩畫集』(堀口大學編譯)昭森社、1936年

DSC_0916_s -

DSC_0936_s

DSC_0937_s

 

献呈の辞あり。

DSC_0938_s

 

ご紹介, 蔵書(孝四郎)

東大学生自治会戦歿学生手記編集委員会(編) 『はるかなる山河に 東大戦歿学生の手記』 

東大学生自治会戦歿学生手記編集委員会(編) 『はるかなる山河に 東大戦歿学生の手記』(第五版) 東大協同組合出版部、1949年

DSC_0094 s

DSC_0093 s

 

DSC_0092 s -s

仕事の依頼の折に届けられたのだろうか。
博報堂装幀相談所の松本昇氏の名刺と東京大學出版部の平岡敬氏の名刺が挟み込まれていた。

孝四郎も、二男昌郎を、終戦間際の1945年8月に失っている。